会社概要

会社那覇国際コンテナターミナル株式会社(英文名: Naha International Container Terminal, Inc.)
本社所在地沖縄県那覇市港町一丁目27番地1号
事業内容那覇港公共国際コンテナタ-ミナルの管理・運営
代表者若野 英樹 (三井倉庫㈱ 常務取締役)
設立年月日2004年11月11日
資本金1億円
株主三井倉庫株式会社・沖縄港運株式会社・株式会社第一港運
海邦港運株式会社・ジャパンメンテナンスアンドリペア株式会社・沖縄荷役サービス株式会社
株式会社OTK・大共港運株式会社

会社沿革

2004年11月那覇国際コンテナターミナル株式会社(資本金1千5百万円)設立
2005年 5月那覇港管理組合と「賃借契約」締結
2006年 1月100%民間企業として那覇新港9号・10号バースにて運営開始
2007年 2月フレッシュキャリアズ寄港開始
2008年 9月愛媛オーシャンライン寄港開始
2014年 7月オーバーパナマックス・ガントリークレーン3号機(18列対応)設置
2015年 4月オーバーパナマックス・ガントリークレーン4号機(18列対応)設置
 那覇港管理組合 台湾TIPCとMOU締結
5月9号岸壁でクルーズ船の受入れ開始
2016年 1月三井倉庫株式会社 中核企業として参入
2017年 1月南西海運寄港開始
2017年 9月マトソン寄港開始
2018年12月リーファー電源施設を104口から126口に増設
2019年 5月上海錦江航運(集団)有限公司寄港開始

純民間企業によるターミナル運営実現

那覇国際コンテナターミナル株式会社(NICTI)は、
日本で初めて構造改革特別区域法に基づく「特区制度」
(平成18年10月改正施行港湾法の
「特定埠頭の運営事業」として継承)を活用し、
那覇港管理組合との契約のもと、2006年1月1日より
那覇港公共国際コンテナターミナルの
管理運営事業を開始しました。
2016年1月1日より三井倉庫株式会社が51%を出資し、
中核事業会社として当社の運営に参画しました。
三井倉庫グループの国際総合物流企業としての
ネットワークを活用して、那覇港管理組合や
沖縄県地元経済界とも連携して那覇港の
物流ハブ機能の強化を通じて那覇港の発展に
貢献して参ります。

施設情報

設備規格9号10号
岸壁長さ(m)300m300m
係留能力(トン)40,00040,000
水深(m)-14m-15m
コンテナヤードスロット数(TEU)1,1701,128
面積(m2)104,400104,400
奥行(m)348m348m
ガントリークレーン列/段13列5段16列5段18列6段 x 2
リーファー電源440V126口

アクセス

連絡先

〒900-0001 沖縄県那覇市港町1-27-1

TEL 098-867-5931 FAX 098-867-5933