沖縄を、那覇港を次のステージへ導く港創りを目指して

那覇港公共国際コンテナターミナルは、今後も急速な経済発展が予想される中国の上海から約820km、韓国の釜山港と高雄港のほぼ中間地点に位置しています。

東アジア地域の経済成長、特に中国の成長は際立ったコンテナ貨物の伸びにつながっており、このような東アジアの貨物を対象とした事業展開を行うために那覇港公共国際コンテナターミナルは地理的に理想的な位置関係にあると言えます。

那覇港公共国際コンテナターミナルは、現在ターミナル後背地に予定されている国際物流センターと港の機能をリンクさせ(検品、ラベリング、パッケージングなど貨物に付加価値を付与すること等)、ニッチ貨物をターゲットとした国際貨物トランシップ(積み替え)事業拠点としてのポテンシャルを持ちつつ、ターミナル利用者ときめ細かく意見交換をしながら、ターミナルに対する要望に柔軟に対応していくことを心掛け、地道に貨物取扱量を増やしていきます。

那覇港の位置

那覇港の位置
クリックすると大きなサイズでご覧になれます。 ※別ウィンドウが開きます。